企業型確定拠出年金(401k)について

日本海側のどんよりジメジメした冬が来るのが今から憂鬱な太平洋側育ちのスタッフ高倉がお届けします!

早速本題です!

弊社のお客様は、中小企業の会社様がメインです。

退職金制度がない、新たに退職金制度を導入したい

退職金の積み立てが負担になっている

このようなお悩みを聞くことがあります。

当社では、退職金制度として、確定拠出年金の導入をお勧めしております!

統計的には、確定拠出年金導入企業の80%以上が中小企業です。
日本の会社の退職給付制度に大きな役割を占めるようになりました。

10月24日付けの日本経済新聞にも掲載されておりましたが、

確定給付型の企業年金を導入している大企業が、徐々に確定拠出に移行しています。

記事を一部引用すると

2013年の前回調査と比べられる条件で確定拠出が50.6%を占め約15ポイント上昇

企業年金を導入する企業の中で、確定給付型よりも確定拠出が多くなっています。

大企業ですら、企業年金の運営が厳しくなっている状況です。

中小、ベンチャー企業は、企業年金はもちろん、退職金制度も負担となります。

シナジー経営株式会社が導入をサポートする企業型確定拠出年金は、

リモデル選択制DC(確定拠出年金)

です。

社員のお給料の一部から拠出することで、会社も社員も社会保険料の削減になります。

拠出金は非課税なので、所得税削減など経費削減になります(*´艸`*)

今後も、中小企業の確定拠出年金の採用は進むことでしょう。

シナジー経営株式会社では、DCマイスターがあなたの会社にぴったりなご提案をさせていただきます!

お問い合わせ項目

質問申込み説明が聞きたいその他

従業員数