人事評価

賞与の支給額について

車のエンジン始動時、車に「余分な荷物を降ろしなさい」と怒られたスタッフ高倉がお届けします。
車には、なんにも乗せていないのにどうしてそんなことを言われたのか???


思い当たることは、ノーマルタイヤから、スタッドレスタイヤに交換したことぐらい!!!
スタッドレスタイヤにすると燃費がわるくなるから、車にとっては荷物が重くて燃費が悪くなったと思ったらしいですよ...
今どきの車って、賢いですね...

そんなことは、さておき、12月1月は、冬の賞与の支給をされる企業様が多いのではないでしょうか。

賞与の支給額って、求人票など見ていると、お給料2ヶ月分とかって書いてありますよね。
基本の額があって、そこに本人の成績を加味していく。
そういう決め方が多いのではないでしょうか。

上乗せする、「本人の成績」 
これは、どうやって導き出していますか???

営業職なら、売り上げ●●円以上・〇件以上 など成績がわかりやすいですね。

間接部門の場合は、どうやって決めますか???

  • 集計ミスをしない
  • 電話は3コール以内に出る
  • 等、目標が決められると思いますが、
    どうやって数値に置き換えて、成績をつけるか悩みませんか。

    弊社が導入している、人事評価制度なら、数値化しにくい職種でもしっかりと評価する仕組みを構築できます!!!

    人事評価制度の導入によって、

  • 従業員のモチベーションアップ
  • 労働生産性の向上
  • 会社の業績UP
  • と好循環が発生します!!!

    長時間労働の是正や、有給休暇の5日取得義務など、働き方改革法への対応のためにも
    労働生産性の向上は、必要不可欠です!!!

    働き方改革への対応と人事評価制度は密接に関係しています。
    詳しく聞いてみたいと思ったそこのあなた、お気軽にご連絡ください!!!

    有給休暇については、こちらの記事を参考に
    人事評価制度については、こちらの記事を参考に

    お問い合わせ項目

    質問申込み説明が聞きたいその他

    現状の課題を教えてください。(複数選択可)
    管理職のマネジメント力向上させたい労働生産性の向上させたい離職率を低下させたい人事評価を導入したい