内定者フォロー研修2020参加者募集

内定者研修は重要です。

内定者研修というと、入社前にビジネスマナーやPCスキルを身につけてもらう場だと思っていませんか。

しかし、昨今求められているのはそれだけでは不十分です。

内定者が入社前に会社に求めていることは何でしょうか。

マイコミの調査によると、内定者同士の繋がりと先輩社員とのコミュニケーションを求めています。

入社予定の会社から、連絡がないと不安を持つようになります。

内定者が、いろんな不安を抱えたまま入社の日を迎えるようでは、会社にとっても内定者にとってもマイナスでしかありません。

入社まで会社との接点が内容であれば、不安を増幅させてしまいます。

内定者の抱える不安は、主に以下の3つがあげられます。

内定者フォロー

株式会社ディスコがおこなった学生モニター調査「<確報版>6 月1 日時点の就職活動調査 キャリタス就活2021 学生モニター調査結果(2020 年6 月)」によると、2021年卒の内定者が求めている「フォロー」は例年とは違う順序になりました。

1位は、「現場社員との面談」(52.2%)(前年比:+4.5%)

  • 2位・・・「人事担当者との面談」(42.5%)(前年比:+2.2%)
  • 3位・・・「社内や施設などの見学会」(44.0%)(前年比:-4.2%)
  • 4位・・・「メールや電話での定期的な連絡」(31.5%)(前年比:+3.6%)
  • 5位・・・「食事会などの懇談会」(31.0%)(前年比:-24.2%)

新型コロナウイルスの影響をもろに受けたアンケート結果と言っても良い結果となっています。

「内定者フォロー」のためには、正式な内定の後、定期的な連絡は欠かせません。

定期的な連絡のほかにも、内定者向けのフォローは様々な方法があります。ですが、上記のアンケート結果からもわかるように例年通りのフォローでは的外れなフォローとなってしまいます。

では、内定者の不安を解消し、内定辞退防止と早期離職防止のためにはどうすればよいでしょうか。

保護者向けの説明会等を開催する企業もありますが今年の状況では難しいかもしれません。

勉強会・研修は、中小企業の場合、自社での実施が難しく、実施していない企業様が多いのが現状です。

弊社での内定者フォロー研修は、他社の内定者との合同での研修です。

他社の内定者との交流により、内定者の不安と悩みの共有、社会人としての準備は何を行えばいいのか改めて考えていただく場となっております!

内定者フォロー

内定者に、「つながり」の場を提供しましょう。

多くの内定者は、会社の情報はある程度調べられたとしても、どのような人が働いているかまでは把握できません。

またこのコロナ禍で「内定者交流会」や「先輩、役員との交流会」の開催ができないとなると、不明点の解消ができなかったり、孤独を感じてしまったりと、日に日に不安感が増してしまいます。

内定者の不安を取り除き、またつながりを提供するといった意味でも、「内定者研修」は非常に有効で、必要な方法です。

 

内定先企業の先輩社員はもちろん、同じ不安をもつ他社の内定者同士が顔を合わせる機会を作ることで、入社までにさまざまな企業の内定者と繋がり、連帯感を生むことができます

 

 

 

特に今回、当社が行う「内定者フォロー研修」は、コロナウイルス感染症の影響によって行うことが困難な部分(「人対人」の繋がりや交流)を全面的にフォローする内容となっております。

 

ぜひ、内定者の不安解消に繋がる研修として、ご参加ください!

詳細は下記です↓

内定者フォロー研修開催概要

開催日時
2020年11月13日(金)10:00~16:00
開催場所
福井県産業情報センター 所在地はこちら参照
受講料
18,000円(税別 テキスト代込み)
定員
50名
対象者
2021年4月入社予定者
締め切り
2020年10月30日

    お申込みはこちらからお願いします。






    <受講方法>
    集合




    男性女性


    男性女性


    男性女性