コロナ禍を乗り切るためにやるべきこと

人材育成に特化した人事評価制度の構築・運用

新型コロナウイルスにより各社対応を求められる中、このような状況下でも上位に挙がってくる人事上の課題に、必ずと言っていいほど人事評価制度が挙がってきます。
制度を導入しているが、うまく機能していない、従業員に伝えると反発が起きそう、などといったお給料に直結する人事評価は経営者・人事担当者にとってもシビアな問題です。

コンピテンシーを題材とした人事評価制度は人材育成にも活用できます。

人事評価制度を人材育成にも活用するとは???と疑問に思いますよね。

人事評価制度は、人材育成の基盤と考えてください!!!

与えられた仕事をこなしたことを成果とみなして評価する方法では、一部の意識が高い従業員のみが成長します。

意識が低い従業員は、意識が低いままで組織的な成長は見込めません。

社員が成長する評価方法とは???

明確な目標と明確な評価基準が定められていて、初めて正しく公平な評価が出来ます。

従業員は、認めらていることを実感できれば評価に納得し、さらに向上することでしょう。

人事評価制度の導入効果

人材育成

コンピテンシー(仕事ができる人の行動特性)に基づき、明確な目標を設定することで日々の行動が変わります。

優秀な人材の確保

適正な評価を行う→→頑張りを認めてもらえるという充足感から、さらに認めてもらおうとがんばります。優秀な人材の離職防止につながります。

採用コスト削減

人事評価制度の正しい運用によって、社員のやる気を増進。離職を防ぐことで採用コストの削減につながります。

オンラインセミナー開催のご案内

      「評価制度で人を育てるには」
      内容:同一労働同一賃金等、現代の社会背景について
      なぜ人事評価制度が必要なのか?
      業績が上がる人事評価制度とは?
      コロナの状況で取り組むべき重要事項とは?
      人事評価制度「シナジー」のご紹介
      それに伴う福利厚生制度のご紹介
      開催場所:お好きな場所でOK(PC、スマホ、タブレットがあればOK。ZOOMでの開催です。)
      開催日時:9月24日(木)
      10月7日(火)
      両日とも 14:00~15:30
      受講料:無料